環境を守るために欠かせない活動

必要なものを見極めよう

食材を買う時に余計なものまで買っていると、生ゴミが増えてしまいます。
すると環境の悪化に繋がるので、本当に必要な食材だけ買ってください。
無駄をなくすことで環境に良いだけでなく、家計にも優しくなります。
それをリデュースと呼んでいます。
レシピを見ながら食材を購入することで、必要な分量を見極められるでしょう。
食材を届けてくれるサービスを利用するのも良い方法です。

自分で食べたい献立を選択すると、それに必要な分量の食材が届きます。
全ての食材を使って料理すれば良いので、自分で準備する手間を省けます。
簡単に料理に取り組めますし、買い物に行く負担を削減できる面が嬉しいですね。
買い物に行っても、何をどのくらい買えば良いかわからない人はサービスを利用しましょう。

壊れても修理できる

例えば服が壊れたり、小さくなって着られなくなったりすることがあります。
その場合は修繕した利、小物を作るのが良い方法です。
それはリユースという方法で、ゴミにならず地球環境に優しくなります。
大人用の服を利用して子供用の服を作ったり、ポーチやカバンなどを作ってもいいですね。
複数の布を組み合わせて、パッチワークにしてもオシャレです。

リサイクルは、資源を再利用することを意味します。
紙製品やペットボトルなど、たくさんの資源が世の中にあります。
それを全てまとめて処分していると、再利用できずただのゴミになってしまいます。
分別して回収してもらうことで、それぞれがふさわしい工場に行って新しい製品に生まれ変わります。