現代の生活は過ごしやすい。

3Rを実践しよう。

3Rすなわち、ごみを減らす、もう一度使う、再資源化に協力しよう。
まず、皆さんがごみに出すのって、どんな時でしょう。
最初に、洋服について考えてみよう。一番多いのが、なんだか飽きちゃったなあ、ではないでしょうか。
そのほかにも穴が開いちゃった、着ようと思って買ったけど思ったデザインと違ったから、などが考えられます。
次に食べ物。おいしそうだと思ったのだけど、食べようと思ったけど、おなかいっぱいになっちゃった。
家電品、新製品が出たみたいだよ。前より早いんだって。前よりきれいに映るらしいよ。
では、今あるものはどうしよう。捨てよう。新製品が出て、これを購入することまでは問題ないです。
今あるものの処分方法をもう一度検討してみましょう。
洋服はどんな時に捨てますか?今の時代、穴が開くまで着ることはまずないですよね。
昔はアップリケなどを着けてきていましたね。でも、アップリケ一つでイメージは変わってしまいます。

すぐにできることからはじめてみよう。

まず、洋服。2015年に世界で捨てられた衣料品は49兆円以上に相当するとのことです。

すぐにできる方法はなんでしょう。身の回りに、ガレージセールをやっているところはありませんか?
フリーマーケットをやっているところはありませんか?もし近所ではないかなあ。という場合、ご自由にお持ちください、と貼って、家の前に出してみましょう。何点か持って行ってくれるかもしれません。

次に食べ物、その時はお腹一杯でも次の朝食べられるかもしれません。次の日の夜、その食材を考慮して夕食を考えましょう。それでも残るときは、捨てましょう。腐ってしまっては大変です。

家電品はコストもかかりますが、下取りをしてもらうことがベストです。
初めから下取りを考慮して購入すれば、手間はかかりません。