3Rとはよく聞きますが、最近では4R,7Rともいわれます。

3Rを実践しよう

前ページに4R,7Rを記入してみました。日本語にしてみましょう。
ごみを減らす、繰り返し使う、再資源化する。
断る、直す、再編集、分別、本当に必要なものか再考する、借りる(新生活パックのように2年間、もしくは4年間借りる)、戻す(携帯電話のように使用済みのものは戻す)、再利用(飲んだビール瓶は戻すなど)。
作り直す、燃やすときの熱を利用する、リサイクルされたものを買う、正しく処分する、復元する(再植林する)などです。
いろいろな考えがあります。自分にもできること、自分には出ないこと、いろいろあると思います。一つでもいいから実際に初めて見ることができたら、大きく違います。一人の一つは大勢にすると大きな力になります。

いろいろな国の人々のことを知ってみよう。

豊かな国もあります。豊かでない国もあります。豊かな国で不要なものは豊かでない国では必要かもしれません。
なら、分けてあげたらいいですね。捨ててしまったら元には戻りません。役に立てることはできません。
日本で乗らなくなった自動車や使わなくなった電車はアジアでは大活躍しています。
難しいことはよくわからないし、やり方もわからない。そうした方がいいことはわかっているけど、というのが破棄してしまう大きな理由でしょう。
なら、自分でできることを一つでいいから、実践してみませんか?
次の世代のためにできることをしてみませんか?もしかしたら、何億年後に現代の化石から燃料がとれるかもしれません。
少し配慮を行うことで資源として有効なものがあったら、楽しいではありませんか?